卵子の老化|年齢であきらめず赤ちゃんを産む体作りが大切!

「35歳までが妊娠適齢期」と言われる理由の一つが卵子の数の減少です。

 

30歳代後半を過ぎると卵子の数はグッと下がり卵巣の機能も低下していきます。
そして追い打ちをかけるように卵子の老齢化が始まります。

 

卵子自体の劣化が始まるとまず妊娠に必要なエネルギーが不足し、細胞内にある角の傷が増えることで流産や、障がいを持つ子供が生まれつリスクも高くなります。

 

卵子の老化の予兆は生殖器官や生理の状態以外に、体調にも表れます。

 

 

卵子を健康にする食生活を!

 

 

「以前より体力が減少した」「肌の調子が悪くなった」など、自覚症状に当てはまる人は成長させる食品やビタミンCを摂ると改善します。

 

 

成長ホルモン分泌を促す食べ物

 

 

成長ホルモン分泌を促す栄養素はアルギニンとオルニチンです。

 

それらを多く含む食品は、牛乳などの乳製品や高野豆腐、納豆、玄米、味噌などの大豆製品大豆製品
そして、ごま、カカオ、ピーナッツ、レーズンのようなおつまみ系のモノに多く含まれています。

 

これらの食品を他の野菜などの食品とバランスよく摂ることで成長ホルモンの分泌が促されることが期待できます。

 

しかし、それらの食品はインスリンの分泌により効果を十分に発揮できなません。
ですので、これらを摂取する際は糖分は控えましょう

 

 

ビタミンCは少量に分けて摂取が効果的!

 

 

ビタミンCはパセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモンやいちごなどの野菜や果物に多く含まれています。

 

果物はそのままだけでなくジュースとしてもビタミンCを摂取できます。
果物や柑橘系はジュースでも摂取できます。

 

中でもアセロラはビタミンCの含有小量が特に優れています。

 

ビタミンCは一度に多く摂るよりも少量に分けて取った方が吸収が良くなります

 

1日の食事回数が少ない方はジュースを上手に活用して摂取すると良いでしょう。